AYAKO'S PROFILE

AYAKO

クリエイティブディレクター
ニューヨークをベースに活躍するメイクアップ・アーティスト。 海外のファッション誌や、広告キャンペーン、コレクションを舞台に、カール・ラガーフェルド、スティーヴン・マイゼル、テリー・リチャードソン等の著名な写真家と数々の仕事をこなす。ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、アン・ハサウェイなどといったハリウッドセレブやナオミ・キャンベルなどトップモデルにもファンが多く、音楽の世界でもアリシア・キーズ、ジェニファー・ロペスなどのアルバムジャケットやミュージックビデオを手がける。2009年クリエイティブディレクターに就任、ADDICTIONを立ち上げる。ワンストロークでも、ドラマな表情を生み出すカラー、テクスチャー。バッドガールにもグッドガールにもなれるモードな世界観を表現。あらゆることにEXCITEMENTを見いだす独自のアーティスト性が、そのクリエーションを際立たせている。

Creative Director
A makeup artist based in New York. AYAKO has worked for international fashion magazines, advertising campaigns, and collections alongside many prominent photographers, including Karl Lagerfeld, Steven Meisel, and Terry Richardson. She counts among her many fans Hollywood celebrities such as Penelope Cruz, Scarlet Johansson, and Ann Hathaway, as well as top models like Naomi Campbell, and she has also worked on album jackets and music videos for musicians such as Alicia Keys and Jennifer Lopez.She became the creative director of ADDICTION, and launched the brand in 2009. Ayako is fond of color and texture that can produce a dramatic look with just one stroke. She depicts a mode perspective of the world that can be either a bad girl or a good girl look. Her unique artistic sense finds excitement in all sorts of things, and that sets her creations apart.